精神医学

スタッフ

教授 笠井 清登
准教授 垣内 千尋
特任准教授 荒木 剛 (ユースメンタルヘルス講座)
准教授 神出 誠一郎

教室運営サイトへ

研究概要

一般人口における精神疾患の生涯有病率は46.4%にも上ります。疾患による社会的損失の指標であるDALYsによれば、精神疾患は全疾患中トップの損失であり、特に10-20代の若年で占有率が大きくなります。これは、精神疾患を持つ人の1/2が10代までに、3/4が20代までに初発し、慢性に経過することによります。このように、精神疾患は有病率が高く、社会的損失が極めて高いため、ガン、生活習慣病と並ぶ三大国民病といっても過言ではなく、早期介入によるその克服は国家的課題です。

このような背景から、当教室では統合失調症、気分障害、発達障害などを対象として、ニューロイメージング研究、コホート研究、遺伝子研究、モデル動物研究、心理社会的介入研究などを駆使した統合的アプローチを行うことにより、精神疾患の克服を目指しています。

具体的には、統合失調症の前駆状態から初発統合失調症に至る進行性脳病態をターゲットとした早期診断法・治療法開発研究、統合失調症や思春期のこころの発達についてのニューロイメージング研究・健常コホート研究・遺伝子研究・モデル動物の統合的研究、精神疾患における医療機器や薬剤の診断・治療への有効性を確立するための臨床試験などを行い、最終的には当事者の利益に結実させることを目標としています。

当教室は研究者育成にも力を入れています。大学院生に対し、研究デザイン策定、統計学的解析、英文論文執筆・リバイズ、倫理規定の遵守、倫理委員会への申請書作成などを実践的に指導するclinical research training program (CRTP)、大学院生リトリート、集談会などの教育プログラムも豊富に提供しています。

臨床医出身の方々はもちろんですが、最近は分子生物学や実験心理、臨床心理・精神保健福祉系の若手も増えてきております。

研究項目

1. 神経画像・神経生理計測による精神疾患の病態解明、補助診断法開発

2. 社会精神医学研究

思春期のこころの発達に関する一般住民を対象とする大規模コホート研究(新学術領域研究思春期主体価値班 http://value.umin.jp;東京ティーンコホート http://ttcp.umin.jp/)、精神疾患に対する心理社会的介入の効果研究、大震災後のこころの問題に関する疫学研究、統合失調症における主観的リカバリーの研究など。「ユースメンタルヘルス」講座との連携も盛んです。

3. 血液、死後脳サンプルを用いた、精神疾患のゲノム・エピゲノム研究

マイクロアレイを活用したゲノムワイド関連研究、次世代シークエンサーを活用した変異の探索、分子マーカー探索のためのオミックス解析などを進めています。こころの発達医学分野との連携も盛んです。

4. 基礎神経科学研究

主に精神神経疾患モデル動物を用いて、分子病態の理解・新規治療法の開発を目的として研究を行っています。細胞レベルからモデル動物を対象として、組織学・分子生物学・電気生理学・行動学的な解析を行うことにより、精神疾患を分子から行動レベルまで統合的に理解することを目標としています。医学部の神経科学系研究室との連携も盛んです。霊長類の神経回路解明を通じた精神疾患の脳病態研究にも関与しています(革新脳臨床研究グループ http://brainminds.jp/clinical)。

大学院生募集

医師のみならず、臨床心理系、精神保健福祉系、実験心理系、情報工学系、分子生物学系などのPh.D.を目指す方々も歓迎しております。

当教室の研究は、分子神経科学領域の基礎研究から画像中心の臨床研究、疫学・心理社会的研究まで、幅広い領域の研究が可能であることが特徴です。

大学院への入学状況:毎年、平均5名程度

平成30年度 東京大学大学院医学系研究科 精神医学分野博士課程入学希望者の施設見学会

概要 精神医学分野大学院博士課程見学・個別相談を実施いたします(教室主任が対応します)。12時に東大病院クリニカルリサーチセンターA棟1階・精神神経科医局にお集まりください。
精神医学分野の説明は、午前中の脳神経医学専攻全体の説明会にて行います。午後の見学・相談を希望される方は、午前中の全体説明会にもご参加ください。
日時 2017年5月27日(土)12:00-14:00

2019年度 精神医学分野 大学院博士課程 non-MD 説明・見学会

概要 平成31年度4月から博士課程への入学を検討されている心理学(臨床・認知・発達・教育など)、精神保健福祉学、看護学、分子生物学、情報工学などを専攻とされるnon-MDの方々を対象とした説明・見学会を実施いたします。詳細は以下のpdfをご参照ください。
日時 2018年1月21日(日)10:30~14:30
詳細 2019年度 精神医学分野 大学院博士課程 non-MD 説明・見学会

外国留学

学位および、医師の場合は指定医も取得した後が望ましい。医局としては積極的に援助します。

留学状況:

これまでの留学先は、米国Harvard大学、National Institute of Mental Health (NIMH)、University of California, San Diego、Virginia Commonwealth University、カナダUniversity of Toronto、英国University College London、King's College Londonなどがあります。

Publication list

連絡先

E-mail

JIMU-PSY@h.u-tokyo.ac.jp

ページの先頭へ