神経病理学

スタッフ

教授 岩坪 威

教室運営サイトへ

研究概要

本分野では、ヒトの神経変性疾患、特に脳の老化過程と密接な関係を有するアルツハイマー病とパーキンソン病を主な研究対象とし、その発症機構を解明し、病態に根ざした根本的治療法を創出することを目的として研究を行っている。神経変性疾患の特徴として、神経細胞が進行性に死滅・脱落を続ける結果、脳機能の不可逆的な障害を生じるのと表裏一体の関係で、変性した神経細胞の内外に、疾患ごとに特徴的な線維性蛋白の蓄積がみられることが挙げられる。コンフォメーションに異常を生じて線維化、蓄積した異常蛋白が細胞障害を生じる一方で、遺伝性を示す一部の症例においては、これらの蓄積物の構成蛋白をコードする遺伝子の変異が疾患の発症と連鎖することが知られている。このような観点から、神経変性のメカニズムを上流(=遺伝子)と下流(=蓄積蛋白)の両方向から解明することを目標としている。

研究項目

  1. アルツハイマー脳におけるβアミロイドの蓄積と除去の機構に関する研究
  2. γセクレターゼとプレセニリンに関する研究
  3. アルツハイマー脳アミロイド非β蛋白成分CLACに関する研究
  4. パーキンソン病の病因遺伝子機能に関する研究:Lewy小体とその構成蛋白α-synuclein、新規病因遺伝子LRRK2の研究
  5. アルツハイマー病発症を予測するサロゲートバイオマーカー制定と根本治療薬の有効性評価に関する研究

Publication list

連絡先

E-mail

iwatsubo@m.u-tokyo.ac.jp

ページの先頭へ