神経ネットワーク

スタッフ

教授 真鍋 俊也

教室運営サイトへ

研究概要

当研究室では、情動や記憶・学習などの高次脳機能の分子機構を解明するため、シナプスに局在する機能分子の役割に特に焦点を当てて研究を進めている。具体的には、神経系の情報伝達に関与する神経伝達物質受容体、シグナル伝達分子、細胞接着分子などをおもな研究対象としている。研究手法としては、電気生理学、生化学、分子生物学、神経行動学などの方法を駆使して、受容体機能やシナプス伝達、シナプス可塑性を解析し、これらが動物個体においてどのような役割を果たしているかを明らかにすることを目指している。さらに、これらの異常が精神神経疾患の発症にどのように関与するかを、モデルマウスなどを用いて解明することを試みている。

研究項目

中枢神経系におけるシナプス伝達機構の解明

シナプスにおける情報伝達機構を分子・細胞レベルで明らかにし、シナプス伝達機構の根本原理の理解を目指す。

シナプス可塑性の分子機構の解明

これらの現象の細胞内機構やそれに伴うスパインなどの微小構造の動的調節機構の解明を目指す。

記憶・学習、情動などの高次脳機能の総合的理解と精神神経疾患の発症機構の解明

分子レベルから個体レベルまでの多方面からのアプローチを駆使して、記憶・学習や情動などの高次脳機能の発現機構と神経機能の異常による精神神経疾患の発症機構の解明を目指す。

Publication list

連絡先

住所

〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1
東京大学医科学研究所3号館2階南側

E-mail

tmanabe-tky@umin.ac.jp

ページの先頭へ